カウンセラーの語る死別の体験 うつの経験

千葉県船橋市にあるクライシスカウンセリング専門の相談室のブログです。

その4  子供の夜泣き

妻を亡くしたとき、子供は3歳と1歳でした。

 

3歳の長男は昼間は保育園に行きます。

毎日、保育園の入り口で大泣きしていました。

 

今までとはガラリと環境が変わってしまう。

優しかったママにはもう会えない。

 

長男にとって大きなストレスがかかっていたと思います。

 

私も、仕事に明け暮れた生活が一変しました。

 

当時毎日定時退社し、毎晩、長男と次男を寝かしつけておりました。

寝付くまで、添い寝して絵本を読んでやるのです。

 

そんなとき、長男が突然泣き出すのです。

 

「ママにあいたいよぉ」

 

子供に泣かれるのが、何よりも辛かった。

 

なんとかしてやりたくとも、どうにもできないのですから。

そのまま寝付くまで傍にいてやることしかできなかったのです。