カウンセラーの語る死別の体験 うつの経験

千葉県船橋市にあるクライシスカウンセリング専門の相談室のブログです。

その1  妻の死

「誰かと死に別れる」こと以上の悲しみはこの世にはないのではないでしょうか?

 

寂しさ、くやしさ、怒り、後悔、さまざまな感情がいちどきに押し寄せてきます。

それだけではなく、仕事や住居、子育て、人生の目標など、いちどきに見直さなければ

ならなくなってしまいます。

 

もう17年くらい前になりますか、私も妻と死に別れたことがあります。

私は当時36歳。働き盛りのころでした。

 

当時子供は3歳と1歳。

 

二人ともおしめがとれていませんでした。

 

悲しんでいるばかりではいられません。

 

「子供をどうする?」

 

「仕事に行っているあいだは誰が見る?」

 

「離乳食やミルクはどうする?」

 

「おしめをどうする?」

 

そもそも仕事を続けられる?」

 

葬儀が終わると「日常」がもどってきます。

 

日々の生活をどうするか?

まずそこから考えなければならなかったのです。